沈下修正工事

TOSHOの沈下修正工事

家の傾き110番
沈下修正工事とは、地盤沈下や地盤不良、地震などの土地の変化により傾いてしまった建物を、基礎ごと持ち上げて正常な状態に修正します。地盤状態や沈下の進行状況等により選択する工法が変わります。

また、今までの沈下修正工事ではなんらかの理由で再沈下してしまった場合、再沈下の修正工事費用はお施主様負担となってしまい、それは精神的にも費用的にもかなり大きな負担となっていました。
弊社ではそうした問題を解消すべく、新しく沈下修正工事に対しても、GIR社で10年保証ができる事となりました。詳しくは地盤保証ページへ。

地盤のリスク(基礎・地盤に起因する事故と保険金額)

地盤のリスク(グラフ)
左のグラフは、家の事故を部位別に集計しています。全体の20.11%が基礎・地盤に起因しています。 右のグラフは、支払った保険金に占める部位別の割合になります。

このグラフを見ると、全体の2割ほどしか占めていなかった基礎・地盤の事故も、支払い保険金額の割合に 直すと全体の66.35%を占めることが分かります。
つまり、基礎・地盤に起因する事故は確実に起きており、また、事故が起きてしまうと高額となることが 分かります。

※上記のグラフは他社のデータを基にしています。

不同沈下がもたらす身体への影響

私たちへの不同沈下の相談のキッカケに「お住まいの方の身体の不調」があります。 人間には、本人が意識していなくても常に身体を平衡に保とうとする機能が備わっています。
しかし、不同沈下した家で生活していると「視覚的に感じる水平」と「内耳にある三半規管が感じる水平」に誤差が生じ、人間の平衡メカニズムに狂いが生じます。

その期間が短期間であれば「なんか変だな」とか「頭痛がするな」程度で済む事が多く大事には至りませんが、毎日不同沈下した家で生活していると知らず知らずのうちに「自律神経」に不調を来していきます。

その身体的症状は「目まい」「立ちくらみ」「頭痛」「耳鳴り」「肩こり」「倦怠感」「吐き気」「不眠」など自律神経 失調症の症状そのものであり、ひどい場合には寝込んでしまう方までいらっしゃいます。
精神的症状としては、不安感や憂うつ感、イライラやあせり、集中力の低下などさまざまです。 また「更年期障害」によるものと勘違いされる方や、そのまま「慣れてしまう」方もいらっしゃいます。

特に、お子様がいらっしゃる家庭では注意した方が良いといえるでしょう。

なんだか最近体調が優れないとか、引っ越してからなんだか調子が悪いという方は一度、建物の「不同沈下」を疑ってみてはいかがでしょうか? 病院の先生でも、家の傾きまでは突き止める事は不可能ですから「長年の不調の原因は家の傾きだった」という可能性があります。
新築住宅でも既存住宅でも、新たに不同沈下している可能性があります。

沈下修正工事工法一覧


沈下修正工事ご利用の流れ

沈下修正工事ご利用の流れ