沈下修正工事

液状化現象の実態

2011年3月11日に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震では津波による被害の一方、 液状化現象による家屋・ライフラインにも甚大な被害を受けました。
我々が住む四国地方でも必ず起こる南海地震に備えて、液状化現象を知り被害を最小限にとどめましょう!

液状化現象の瞬間


液状化現象の被害

液状化現象によってどのような被害が出るのか、主な現象を見てみましょう。

液状化現象による主な被害

  • 建物などの重量物は沈下を起こし、マンホール・浄化槽などの軽量物は浮力を受け浮上がる
  • 水道管・ガス管などの地中埋設物が破損しライフラインに被害がでる
  • 液状化現象はその地域全体で起こる場合が多くその地域の色々な機能がストップする  etc…

液状化現象のメカニズム

液状化は通常、小石や礫等の粒子が大きい地盤や粒子の細かい粘土地盤では生じず、粒子の大きさが均等で地下水位が高い砂地盤で生じます。

液状化現象のメカニズム図

液状化現象対策

液状化現象対策の第一歩は液状化現象を知る事です。
そして、自分が住む町は大丈夫なのか、自分が住む家の下は大丈夫なのかという事を知り、しかるべき対策を施すことです。その為に、まずはしっかり地盤調査を行いましょう!

  • ■液状化現象に対する予防法
  • セメント杭打設により液状化層をセメントで固めてしまい砂層のせん断変形を抑止する。
  • 砂を地中に圧入し締め固められた砂杭を形成する。
  • 意図的に周辺にストレーナー管を挿入し井戸をつくり、その中に排水ポンプを設置し揚水することにより周辺の地下水位を低下させる。  etc…