地盤調査

G-web システム

G-web systemとは?

「G-Web system」 とは、GPSデータ(位置情報)・タイムスタンプ(調査時刻)・地盤調査データなどを現場よりインターネットを活用し、リアルタイムで「電子認証」を行い、不正な入力や改竄を防止できるシステムです。

システム概略図

ジオサイン社は、今後の200年住宅(超長期型住宅)におけるトレーサビリティ「住宅履歴書」の必要性及び構造計算書にエビデンス「根拠」が求められる事により、住宅地盤における全ての記録を電子化し、存在性・追尾性・非改竄性を担保できる住宅地盤第三者認証システム「G-Web system」を開発しました。
G-Web systemの採用により、透明性のある明確で正しい基準の標準化を目指します。

存在性(GPS)・追尾性(電子化)・非改竄性(タイムスタンプ)安全・信頼性の向上

電子認証とは?

全自動地盤調査機ジオカルテを用いて地盤調査記録を電子化します。電子化された地盤調査データはGPSにより位置データ・時刻データが刻印され、インターネットを経由し、電子認証サーバーへ転送された地盤調査データは、復元され不正な入力や改竄・破損などが無いかチェックし、問題が無ければ「電子認証」されます。簡単に言えば合格のサインが押されます。

上記の説明で分かるように、ジオサインにおける電子認証とは「いつ」「どこで」「誰が」「どの機械」を使って地盤調査が行われたのかを認証するシステムです。

G-web system導入のメリット

  • 営業トーク・ツールで成約・受注活動のきっかけに!
  • 透明性のある明確な根拠・証が持てる!
  • 保険会社へのエビデンス(根拠)の提示が可能!
  • 資料の紛失防止、永久保存、収納スペース削減、経費削減!
  • 本来元請業者様で管理すべき内容をG-web Systemによって管理!