土木工事

コンクリートに亀裂が入る原因

あなたのお家は大丈夫ですか?

地震大国日本に住む私達にとって最も被害を受け、悩ませられる被害に地震による住宅基礎の「ひび割れ」、「亀裂」があります。
記憶に新しい四国を襲った芸予地震ではたくさんの家が被害をこうむりました。軽微な「ひび割れ」、「亀裂」は強度として住宅を支える上でさほど問題はありません。しかし、たとえ軽微なものでも、時間の経過とともにコンクリートを劣化させ、住宅を支える為に必要な強度が失われます。

近い将来、必ず起こると言われている南海地震に備えて住宅基礎の「亀裂」、「ひび割れ」の早期発見、早期治療を行なう事があなたの大切なマイホームの沈下、倒壊に備える上で最も費用がかからず、最も大事な地震対策だと考えます。

コンクリートの亀裂

「ひび割れ」「亀裂」の原因

住宅基礎の「ひび割れ」、「亀裂」が発生する理由にはさまざまな原因があります。

  • コンクリートの「圧縮に強く引張りずれに弱い性質」により、地震の不規則な揺れに弱い。
  • 数年前までのコンクリートには海砂利が使用されていたため、塩化物含有量が多く鉄筋が腐食し錆が発生すると鉄筋が膨張する。
  • 住宅の基礎を支えている地盤の不同沈下。※最も比率が高い!

不同沈下

「ひび割れ」「亀裂」ほっておくと・・・

冒頭で述べたように軽微な「ひび割れ」、「亀裂」には住宅を支えるための強度的にはさほど問題はないでしょう。 しかし、ほっておくと?

  • 「ひび割れ」、「亀裂」の隙間から空気や雨水が入り込み鉄筋の錆がさらに進行。
    鉄筋が錆により膨張しコンクリートを圧迫。
    だんだん「ひび割れ」、「亀裂」が大きくなり、最終的には鉄筋もとろもコンクリートが剥がれ落ちる(右写真参照)。

    鉄筋はコンクリート補強の為に入れられているにもかかわらず、逆にコンクリートの破壊、強度劣化を促す原因になる場合もあります。

  • 「ひび割れ」、「亀裂」が大きくなると構造物の水密性・中性化等の耐久性や構造耐力などの諸性能が大きく低下。
鉄筋の錆が進行し、鉄筋もとろもコンクリートが剥がれ落ちている様子

このような状態では南海地震対策としては不安です。
家を支えているのは基礎であり一番荷重がかかります。上部構造の耐震対策がよく行われていても、住宅基礎に影響が起これば上部構造にも影響が起こります。

そうなってしまってからでは補強・修復工事に多額な費用がかかります。そこで、軽微な「ひび割れ」、「亀裂」のうちに低圧注入工法による補修を行なう事が重要です。