地盤改良工事

施工管理装置とは

業界最先端の施工データ管理装置「ジオモニター」。

地盤補強工事(柱状改良工法・鋼管杭回転圧入工法)の施工状況をリアルタイムでモニタし、それらのデータを管理するシステムです。

従来、工事の品質は機械オペレーターの勘に頼るケースが多く、地中の中身が良く理解できず、安全性や信頼性が乏しいとされていました。近年、住宅地盤の安全性や信頼性が注目される中、当社ではジオモニターを導入し、より正確で安全な施工品質を証明します。

施工管理装置の動画による解説

動画で見るジオモニター

※動画をダウンロードしてお手持ちの動画再生ソフトでご覧下さい。

施工管理装置の画面解説

  • 柱状改良/メイン画面
  • 柱状改良メイン画面
  • <表示内容>
  • ●攪拌速度
  • ●積算回転数
  • ●積算流量
  • 改良体が垂直に施工されているかも表示される。
  • 柱状改良/杭モニター
  • 柱状改良杭モニター
  • <表示内容>
  • ●深度
  • ●積算回転数
  • ●積算流量
  • ●貫入量
  • <各深度ごとの表示>
  • ●セメントミルク流量
  • ●回転数が規定以上か
  • ●トルク値
  • ●速度
  • 柱状改良/杭詳細データ
  • 柱状改良/杭詳細データ
  • <表示内容>
  • ●施工時間
  • ●深度
  • ●回転トルク値
  • ●積算回転数
  • ●積算流量
  • 柱状改良/改良体詳細グラフ
  • 柱状改良/グラフ(リアルタイム)
  • <表示内容>
  • ※縦軸:施工深度、横軸:施工時間計
  • ●深度
  • ●回転トルク値
  • ●回転数
  • ●流量