TOSHOの活動
2015年8月

2015.8.26
2015年度14回安全推進会議

本日は第14回安全推進会議が東昇技建事務所にて開催された。
現場終了後の19:00からの開始にもかかわらず各部署の責任者
が全員集り事故のない現場づくりの為に厳しい意見が交わされた。
KIMG0231
KIMG0230
KIMG0229

安全は全てにおいて優先されます。現場レベルで危険の芽は速やかに摘み取り
個人レベルで危険予知の精度を高めヒヤリハットをも排除する。
全てにおいて優先される「安全」だから一切の妥協を排して取り組みます。

 

東昇技建株式会社 平成27年度安全スローガン
決めた事 守る勇気と 続ける努力  ルールを守って 安全行動


CATEGORY : 安全推進委員会 

2015.8.22
太陽光パネルの地盤補強工事

太陽光パネルの設置にも地盤補強が必要です。主に鋼管杭で地盤補強を行います。
この工事は非常に高い精度が求められる工事で測量機器で通りを確認しながらの
施工となります。現場のオペレータの経験と技術の成せる業です。

1440120894811
施工状況1

1440120874297
施工状況2・・・杭の打ち止めはレベルで管理

1440120884305
施工状況3・・・杭の通りはトータルステーションで管理

 


CATEGORY : 工 事 

2015.8.7
2015年度 第14回安全パトロール

昨日8月6日は広島に原爆が投下されて70年目となる日。
原爆の被害にあわれた方々に黙祷を捧げると共に、今のこの平和な世の中が決して当たり前でない事を再認識をさせて頂きました。

現場における安全も同じです。安全は決して当たり前ではありません。
教育・指導・訓練・注意・・・。全員で色々な努力を積み重ねながら安全な現場環境は構築されるものです。
そんな中本日は労働安全コンサルタントの山本様と共に2015年度第8回安全パトロール(抜き打ち)を行いました。

 

S設計 M様邸 地盤調査現場

KIMG0117 KIMG0118
抜き打ちパトロールにもかかわらず現場は整理整頓され注意・指導事項は見当りませんでした。
熱中症対策の為にヘルメットに麦藁帽子を装着するという工夫も凝らしていました。工事車両も
しっかり整理整頓されており普段からの仕事ぶりがうかがえました。一人作業の為、特に安全対策
には注意をしながら「周囲からは常に見られている」ということを意識しつつ作業を行ってください。

 

I建設 I様邸 湿式柱状改良工事

KIMG0121 KIMG0124
本日2件目の現場は地盤改良(湿式柱状改良工事)です。特に狭い施工ヤードに何台もの車両が密集し
吊り荷作業や掘削作業が行われる非常に危険と隣り合わせの現場となります。
非常にタイトなスケジュールにもかかわらず現場は整理整頓がされておりワイヤーのキンク・損傷も
問題ありませんでした。作業中ではありましたがスコップが放置されていたのが少し気になりました。
本作業は騒音・振動共に大きく近隣住民の皆様に大変ご迷惑をおかけする作業となります。
近隣住民の皆様に対する配慮を常に念頭に置いて作業を行ってください。

 

F型 I幼稚舎様 ライジング工法

KIMG0133 1438663255312
本日3件目の現場は地盤改良(ライジング工法)です。大きなバックホウが並行して作業する危険な現場です。
工事ヤードには弊社以外の立ち入りはないものの数か所で掘削作業が行われる為、掘削箇所にはカラーコーンでの
転落防止措置が必要となります。迅速な措置をお願いしました。
本作業も、騒音・振動そして砂ぼこり等で近隣住民の皆様に大変ご迷惑をおかけする作業となります。
2件目同様、近隣住民の皆様に対する配慮を常に念頭に置いて作業を行ってください。

 

総評:全現場ともに第1回目から比べると確実に安全に対する意識が変化しているのが感じられます。
我々の現場は建築の現場において一番最初の作業となります。安全・品質・工程共に我々の失敗はその後の
建築全てにおいてご迷惑をお掛けします。その事を常に念頭に置いてこれからも安全第一で作業を続けてください。
今後はさらに近隣住民の皆様に対する配慮を心掛けて参りましょう!

最後になりましたが毎月パトロールに同行してくださりご指導を頂いております山本様、本日も大変暑い中
ご指導賜り誠にありがとうございました。今後とも安全教育をお願いいたします。

東昇技建株式会社 平成27年度安全スローガン
  決めた事 守る勇気と 続ける努力  ルールを守って 安全行動

 


CATEGORY : 安全推進委員会 

2015.8.4
地盤改良工法 新工法の勉強会

昨日は、地盤改良工法新工法(ライジング工法)の勉強会を19時より弊社事務所にて行いました。
ライジング工法とは、浅層混合処理工法の建築技術性能証明を所得している工法で、ラップルコンクリートでは
施工性の劣る現場やコストの厳しい現場で活躍している工法です。RC5回建てぐらいまでは適応可能工法です。
今後確認が厳しくなる擁壁下部の設計にも対応しています。ライジング工法はお施主様・設計士様に更なる
「信頼と安心をお届けする」新工法としてご提案させて頂きます。

ライジング工法パンフレット
日本建築総合試験所建築技術性能証明

工法勉強会
現場から帰ってからの勉強会

作業1
作業2
作業3

現場から帰ってからの勉強会にも関わらず参加してくれた多くの社員の皆さん、そして何より、
遠路よりお越し頂きましたライジング工法協会の久保様、松田様、本当にありがとうございました。

 


CATEGORY : セミナー