TOSHOの活動
2016年9月

2016.9.24
熊本地震 被害状況報告

平成28年9月7日~9月9日に熊本県で開催された第27回全地連「技術フォーラム2016」熊本に参加させて頂きました。毎年、地質調査業の現場技術・解析管理技術の様々な研究発表があり、知識・技術を勉強できる非常に貴重な時間となっております。

 

dscf3937 dscf3946

 

今回、開催地の熊本県にて平成28年4月に発生した熊本地震による被害状況を視察しましたので、以下のように報告致します。

阿蘇市的石

熊本県阿蘇市では約9キロにわたり、地盤の割れや陥没が直線状に並んでいるのが確認され、これまで知られていなかった活断層の可能性が考えられています。周辺では多くのボーリング調査(写真参照)が実施されていました。阿蘇西小学校付近では、水田内で多くの亀裂、段差が目視でき、最大で2.5mの段差を農道内にて観測できました。また、当該地から一望できる山々の斜面では、頂上付近、中腹部からの大規模崩落が確認されます。

dscf3988 dscf3986 dscf3965 dscf3996 dscf3994 img_4661 dscf3844

阿蘇郡南阿蘇村河陽

熊本県南阿蘇村では、地滑りを起こした山々が多く確認されます。至る所で茶色の山肌があらわになり、麓の道路は土砂にのみ込まれています。黒川渓谷は両岸が崩れ、渓谷に架かっていた阿蘇大橋は崩落し、道路は途切れています。また、この地域では、同じ方向に走る複数の地割れが見られました。東海大阿蘇キャンパス周辺では、学生向けとみられる複数のアパートは1階部分が完全につぶれ、がれきが散乱しており、他にも傾いたり、つぶれたりした住宅が目立ちます。

img_4584 img_4620 dscf3882 dscf3876 dscf3874 dscf3870 dscf3865 dscf3860

上益城郡益城町

震度7を2度にわたって記録した益城町では、道路沿いに多くの倒壊した建物がそのままの状態で残っており、瓦礫の処理も進んでいない状態です。国道443号線と県道28号線が交わる寺迫交差点の周辺では非常に多くの被害が確認できます。また、建築物の新旧による被害の差も顕著に見てとれました。特に築30年以上と推定される木造家屋(2階建て)の全壊・半壊が目立ちます。液状化現象による道路の歪、マンホールの浮き上がりなども多く確認された。

img_4589 img_4587 img_4585 dscf3971 dscf3911 dscf3904 dscf3901dscf3899

熊本市内(熊本城)

熊本市内では、熊本城の石垣崩壊が目立ちます。また、街並みを見渡すと、比較的新しい中高層構造物は外装の修復工事が現在施されています。また、中高層構造物の間に建っている古い木造住宅は半壊・倒壊の被害を受けており、立ち入り出来ない箇所も多く確認されました。道路の歪も目立ち、側溝、グレーチング等の迫上がりなど、まだまだ改修できておらず復旧工事は今後進んでいくものと思われます。

dscf3943 dscf3932 img_4642 img_4639 dscf3933 dscf3934

 

熊本地震が起こって半年近く経ち報道から熊本県の現状を見ることが少なくなっていましたが、 実際に被害状況を見たときの驚きは大きなものでした。 特に南阿蘇村と益城町では多くの家屋が倒壊し、瓦礫も撤去されていない状態です。災害の恐ろしさを実感し、今後起こるとされる南海トラフ地震に備える必要を強く感じました。

 

技術部 河﨑慎一


CATEGORY : お知らせ 

2016.9.12
2016年 9月度 安全パトロール

毎月抜き打ちで行っております弊社の【安全パトロール】、今回は 9月6日火曜日に 労働安全コンサルタントの山本様をはじめ弊社から2名 計3名で参加致しました。本日の天候は昨日の台風の影響も少なく快晴。湿度が高く、まだまだ残暑も残る中、体調管理が厳しい1日になりそうですね。。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

1件目 M社様 伊予郡松前町 改良工事

P1090118 P1090117

湿式柱状改良工事2日目の現場です。昨日の雨で作業場の一部がぬかるんでおりましたが、ちゃんと対策を施して作業を行っていました。ちょうど、セメントミルク注入作業中です。問題も無くいつも通り【安全作業】に努めておりました。

 

2件目 T社様 松山市南吉田町 地盤調査

P1090128 P1090129

閑静な分譲地一区画での地盤調査です。この現場は、元請様がわざわざ出入口を養生して頂いておりました。お心遣い誠にありがとうございます。関係者様皆様のご協力のおかげで、安全に作業を行っております。(*^。^*)(*^。^*)

 

3件目 A社様 松山市土橋町 改良工事

P1090132 P1090133

大型工事の現場です。重機も大型です。近くで見るとやはり圧倒的な迫力ですね\(◎o◎)/!現場・重機が大きいと、万が一の事故においても比例して大きい事故になりやすいので慎重に作業を行っております。

 

4件目 P社様 松山市余戸東 地盤調査

P1090139 P1090137

閑静な住宅街の一区画です。地盤調査機が自走式(キャタピラ付)タイプです。調査場所が広い場合等に非常に便利です。いつも通り順調に作業が行われております。やはり、まだまだ暑いですね(;一_一)(ー_ー)!!

 

どの現場も安全衛生面に配慮してみんな暑さにに負けず元気いっぱい!作業を行っておりました。

 

弊社は、今年(平成28年度)のスローガン

【ルールなくして 安全無し ルール守って 事故は無し】

を念頭に掲げ社員全員が天候に左右される事なく日々業務に取り組んでおります。

 


CATEGORY : 安全推進委員会 

2016.9.1
2016年 8月度 安全推進会議

弊社が毎月実施しております【安全推進会議】。今回は8月31日水曜日 18:30より労働安全コンサルタントの山本様を講師に迎え先日実施致しました(8月12日)【安全パトロール】の結果報告及び検証、また当月各部門で起こったさまざまな労働災害事例を各部門の管理職が参加しアグレッシブな会議を実施致しました。

P1090088

先日実施されました【安全パトロール】(8月12日実施)の良かった点・指摘点を報告・検証・議論しております。

今月の【安全パトロール】作業内容は、2件とも改良工事でした。今回の議題は、準備作業(材料搬入・機材組立)

及び工事後作業(機材解体等)について熱く議論が展開されました。

P1090089

今回の議論で現在、続々と新メンバーが増えていく中での新入社員への周知徹底だけではなく、工事に係る全ての業者様(材料搬入業者様等)への周知徹底も必要である事を感じました。

P1090090

最後に工事部 大岡部長が中心となり、絶対的技術が必要な作業について議論を展開して頂きました。どうしても作業において

【技術の日々精進】は必要ですから。。。

 

弊社は、平成28年度の安全スローガン

【ルールなくして 安全無し ルール守って 事故は無し】

を念頭に掲げ、社員全員が日々業務に取り組んでおります。


CATEGORY : 安全推進委員会