無料見積りお問い合わせ

無料見積り
お問い合わせ

会社案内Company

会社概要

商号 東昇技建株式会社
設立 平成13年3月7日
代表取締役 小泉 啓典
本社所在地 〒791-1112 愛媛県松山市南高井町1939-5
TEL 089-970-6814
FAX 089-970-6815
URL https://www.tosho-g.jp
Facebook 東昇技建株式会社Facebookページ
資本金 1500万円
関連会社 株式会社サムシング四国株式会社サムシング四国
事業内容 地盤調査・地盤改良工事・基礎補修工事・さく井工事・沈下修正工事
保有資格一覧

技術士補(応用理学部門):1名
一級土木施工管理技士:1名
一級さく井技能士:2名
一級管工事施工管理技士:1名
一級造園施工管理技士:1名
二級土木施工管理技士:2名
二級建築施工管理技士:1名
二級建設機械施工技士:3名

地質調査技士(現場技術・管理部門):2名
地質調査技士(現場調査部門):1名
住宅地盤主任技士(調査部門):2名
住宅地盤主任技士(設計施工部門):2名
住宅地盤技士(調査部門):7名
住宅地盤技士(設計施工部門):7名
測量士補:3名
[ 2019年7月時点 ]

認可 愛媛県知事許可(とび・土工工事業)

アクセス

関連会社・保険会社

受賞/認定

2017年7月 新商品生産による新事業分野開拓者認定証取得
2018年6月 【瞬間吸収剤 セルドロン】が
2018週刊 愛媛経済レポート賞 製品賞を受賞

保有機械

DHJ-08

  • 地盤改良施工と鋼管回転圧入施工の兼用機
  • 施工管理装置(ジオモニター)と電磁流量計を標準装備
  • 小規模建物に適用
  • 最大掘削深度:9m
  • 適用掘削径:Φ500-800mm
  • 全巾(輸送時最大):1,950mm
  • クローラ全巾:1,950mm
  • クローラ中心距離:1,550mm
  • クローラシュー巾(鉄シュー):400mm
  • クローラ全長:2,420mm
  • タンブラ中心距離:1,892mm
  • 最低地上高さ:262mm
  • 後端旋回半径:1,918mm
  • 輸送時全長:8,552mm
  • 輸送時全高:2,783mm
保有機械 DHJ-08

DHJ-12

  • 地盤改良施工と鋼管回転圧入施工の兼用機
  • 施工管理装置(セコーマスター)と電磁流量計を標準装備
  • 中・小規模建物、土木構造物に適用
  • 最大掘削深度:12m
  • 適用掘削径:Φ600-1000mm
  • 全巾(輸送時最大):2,415mm
  • クロ-ラ全巾:2,320mm
  • クロ-ラ中心距離:1,870mm
  • クロ-ラシュ-巾(鉄シュー):450mm
  • クロ-ラ全長:2,825mm
  • タンブラ中心距離:2,260mm
  • 最低地上高さ:352mm
  • 後端旋回半径:2,238mm
  • 輸送時全長:8,606mm
  • 輸送時全高:2,905mm
保有機械 DHJ-12

GI-130C

  • スピンドル内径:175mm
  • スピンドル回転数:0~69 min―1
  • スピンドルトルク:0~71.2kN·m (7,265kgf·m)
  • 最大給圧力:83.3kN (8,500kgf)
  • フィードストローク:5,500mm (最長改良長20m)
  • フィードスピード:0~5m/min
  • リーダスライドストローク:2,000mm
  • リーダスイング:左右 各3°
  • ウインチ:9.8kN
  • 運搬時寸法(L×W×H):8,830mm x 2,490mm x 3,050mm
  • 送質量:21,500kg
  • エンジンユニット:ディーゼルエンジン96.5kW/(2,200min―1)
  • 必要油圧源:回転用:30.9MPa[315 kgf/cm2]-350L/min
  • フィード用:12.7MPa[130kgf/cm2J-66L/min
  • 最大改良経:Φ1,600mm
保有機械 GI-130C

3t建柱車(GD-50A)

  • 3台保有
  • 内1台施工管理装置(ジオモニター)搭載
  • 地盤改良施工機
  • 小規模建物に適用
  • 最大掘削深度:5.2m
  • 適用掘削径:Φ400-600mm
  • 全巾(輸送時最大):1,885mm
  • 全巾(前):1,475mm
  • 全巾(後):1,425mm
  • 輸送時全長:5,440mm
  • 輸送時全高:2,730mm
  • クレーン地上揚程:12.9m
  • クレーン作業半径:0.92-11.80m
保有機械 3t建柱車(GD-50A)

VDボーリング(地盤王ホリ・ススム)

  • 対象建築物:小規模~中規模
  • 主な試験用途:
    ・標準貫入試験
    ・土質試験
    ・液状化判定
  • 調査可能深度:約20m程度
  • 装置サイズ:約1.3m×3.2m×3.5m
  • 掘進方法:バイブロドリル(振動圧入)
  • 特許等:
    特許第5021104号
    技審証第2903号
  • 改ざん防止システム搭載【Geo Webシステム】
  • 自走式にて、移動が容易
  • やぐらの設置不要
  • 用水が不要
  • 狭小地・屋内での調査が可能(状況による)
VDボーリング(地盤王ホリ・ススム)

採用情報

RECRUIT 人は会社にとって宝物。 2020年度採用情報

無料見積もり・お問い合わせ

お見積もり・お問い合わせは専用フォーム、
またはお電話よりお気軽にご連絡ください。

TEL.089-970-6814

[受付時間] 月〜土/8:00 〜17:00

PAGE TOP